無印良品「3連ハンガー」を玄関の壁に付けた!カバン&帽子かけに

公開  

さんこーずです.

玄関には外出時に使うものを引っ掛けておく場所があると便利ですよね? ― 例えば,帽子や小さいカバン,ベビーカーの掛け物,抱っこひものカバーなど.

例によって,無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズを利用することにしました.

これは一般住宅でよく用いられる「石膏ボード壁」専用の製品で,DIY素人でも簡単に,洗練されたシンプルなインテリアを実現できます.

この記事では,3連ハンガーを取り付ける様子を紹介します.

「3連ハンガー」の包装を開ける

3連ハンガーは,写真のようにダンボール素材で包装されています.

本体のサイズは「幅44cm×奥行2.5cm×高さ10cm」です.
耐荷重は全体で5kg1フック当たり2kgと記載されています.
注)仕様は変更されることがあります.

内容物はこんな感じです.

組立・取扱説明書,ご使用時における注意事項,ハンガー本体,取付部品です.

商品名「3連ハンガー」のとおり,ハンガーのフックは3つあります.

フックは手前に引き出して使用し,使わないときはフックを収納できます.

磁石が組み込まれており,フックが勝手に出てこないようになっています.

ハンガー本体の裏面には,金属板付きのくぼみが左右に2箇所あります(真ん中のくぼみは関係ない).

この左右のくぼみに,後で出てくる金属製の専用フックを引っ掛けることで壁に固定する仕組みです.

「3連ハンガー」を取り付ける

3連ハンガーを玄関近くの壁に取り付けることにしました.写真の左にみえるのは2階に上がる階段です.

取り付ける高さは適当でも良いんですが,一応メジャーで床からの高さを測定.キリのいい数字で鉛筆マーキングをします.重要なのは水平に取り付けることです

床からの高さを測定

実際にハンガー本体を壁にあてて手の届き具合を確かめつつ,取付ガイド用紙(組立・取扱説明書の下側)を壁にテープで貼り付けます.

壁に本体をあててみる

紙を貼った様子です.

貼りました

壁にガイド用紙を貼り付け

取付用ガイドにしたがって,金属製の専用フックをテープで仮固定します.

専用フックをテープで仮止め

このあと専用ピンを使いますが,その前に専用ピンをちょっと観察してみましょう.

専用ピンには2本の針が交差するように付いています.

専用ピン

専用ピンの頭は白い樹脂で,△印が入っています.

頭には△印が

△印が天井方向になるようにして専用ピンを押し込んでいきます.

専用ピンを押し込む

付属の押し込む道具を使って,一番奥まで押し込みます.2本の交差する針が広がるように刺さっていくことで,軽い力では抜けない構造になっています

専用ピンで固定

下から見上げるとこんな感じ.金属製の専用フックは全くグラつきません

専用ピンで固定

あとはハンガー本体を引っ掛けて取付け完了です!

完成

3連ハンガーはしっかり壁に密着して固定されていて,全くグラつきません.

まとめ

3連ハンガーを取り付ける様子をご紹介しました.取付け自体は簡単ですが,位置決めで一番神経を使いました

他の無印良品「壁に付けられる家具」も同じような取り付け方が採用されています.以下の記事も参考にしてみてください↓

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です